種まき



https://youtu.be/TeqT5pQlAp8

プラウ

土を天地返して今まで使ってなかった土をよみがえらせて藁をスキ込むという作業です
かなり下の方の土が表面に出てきています

美味しい米作りは、土作りから始まります

レーザーレベラー

 田んぼの畦を取って区画拡大をしました。
プラウ(反転)バーチカルハロー(砕土) レベラー(欣平) 施肥バーチカルハロー(仕上げ)という作業工程です。

田植え

田植え(2016年)


田植え(2018年 RTKGPS自動操舵での無落水田植え TOPCON X25)
 

稲刈り

5月の田植えから約5ヶ月 収穫の時期を迎えました。
コンバインで稲を刈ります
収穫した籾はダンプに積んで 格納庫に運び乾燥機で乾燥させます

暗渠(あんきょ)

暗渠(あんきょ)
広大な田んぼの地下は排水用のパイプが縦横無尽に張り巡らされているのです。
八郎潟干拓地はもともと湖底のヘドロ層です(底なし沼を田んぼにしたようなものです)
田んぼの排水は大変重要なことです。
排水が悪いと、田んぼが沼地化してしまって、機械が埋まってしまい、動けなくなったりします排水用のパイプを暗渠(あんきょ)といいます。
稲の刈り取りが終わり、ほっとしたのもつかの間、暗渠の工事を家族で行います。田んぼを掘り返し、パイプを入れ、パイプの回りに籾殻を入れ敷き詰めます。
そうすることによって、田んぼの水のコントロートロールできるようになるのです。